山藤の歴史

昭和36年 昭和36年勢町田曽浦にて代々かつお節の製造を行う

先代山本藤夫がカツオ船を降り、地元の新鮮な魚を使った干物の加工を開始

観光地として人気が出た鳥羽の旅館・ホテルの朝食用に干物を卸すようになる
平成3年 法人化し、有限会社 山藤となる
平成10年 活魚水槽を新設し、魚介類の販売を開始
平成14年 インターネット販売を開始
平成15年 くまの灘漁協(現 三重外湾漁協)とお歳暮・お中元の取引が開始
平成24年 三重県ブランドアカデミーに参加、新しい形の干物作りに取り組む
「骨なし串ひもの」完成
平成25年 三重県内のイオン、マックスバリュとの取引が開始
Language
Japanese
Open drop down